名前について少し考えてみよう~キラキラネームから知る名前の重要性~

最近よく聞く名前に関する話題と言えば・・・

最近、名前に関してよく聞く話題と言えばなんでしょう。大抵の人は「キラキラネーム」と答えるのではないでしょうか? キラキラネームとは子供の名前に欧米風の名前を付けるため、漢字を無理やり読ませたり、キャラクターの名前になるように当て字をしたりしたもののことです。一般的に挙げられる例ですと騎士(ナイト)や王冠(ティアラ)、黄熊(プウ)などがマスコミなどで取り上げられます。この記事では、このようなキラキラネームについて書いていきます。これを機にみなさんもキラキラネームについて考えてみてください。

昔だって似たようなものはあったんじゃないの?

アニメのキャラクターの名前を子供につける、という行為は最近のように感じますが、実は昔からあったことでした。例えば一時期、新生児につけた名前ランキングトップに輝いたこともある「翔」という名前ですが、これは当時流行したマンガのキャラクターの名前でした。両親はこのキャラクターのような人間になってほしい、と考えてつけたようです。なぜこれが今まで問題視されていなかったのでしょうか? それはそのキャラクターの名前が日本の名前だからです。漢字を使って、普通に読め、意味のある名前だったから何も問題とはされてきませんでした。

親からの二つ目の贈り物「名前」

さて、キラキラネームの問題点とはなんでしょうか? それは難読性、将来性、そして想いのなさです。初めの二つはよく取り上げられる話ですので割愛し、ここでは三つめの想いのなさについて説明したいと思います。日本人の名前には基本的に漢字が含まれていますよね? 漢字は表意文字(その字自体に意味のある文字のこと)に分類され、世界中でも珍しい文字になります(表意文字の他には表音文字があり、アルファベットや平仮名などが挙げられます)。この漢字を名前に使うことができるということは、子供の名前に意味を、ひいては親の想い・願いをこめることができるということです。それなのに、名前の響きを重視してキャラクターの名前や欧米風になるように漢字を選んできた名前というのはどうでしょうか? そこに子供への想いはあるのでしょうか? 名前は親から子への二つ目の贈り物(一つ目はもちろん命ですね)というぐらいですから、よく考えて、想いのこもった名前を贈ってあげてください。

姓名判断とは、占いの手法のひとつで、生命の文字の自覚などの組み合わせで、その人の性格や運勢を占うものとなっています。

Comments are closed.